ウェブデザインのコツって何ですか、何を大切にしていますか、といった質問を受けることが多いのですが、実際にデザインの仕事をしたことのない方に伝えること、正直むずかしくて。「この色使いが好き」「面の分割がわかりやすい」といった感想をお聞きすると、どういうふうに考えたか、説明しやすいこともあります。

デザインを始めるとき、いつも考えていることが立体感です。風景画で、一番後ろが空で、遠景の山、中景の森、そして近景の水車小屋など。Photoshop、Pixelmator、GIMPなど画像編集アプリの経験がある方は、レイヤーをご存知だと思いますが、もちろん、htmlでレイヤーは作れませんが、奥行き感を常に意識しています。

イラストを描くときには、瞬間をとらえることでしょうか。お子さんの写真を撮影するとき、カメラ目線で笑顔の記念写真だけではなく、真剣に遊んでいる横顔、ふと見せる少し大人びた考える表情、大好きなアイスクリームをうれしそうに食べている様子の写真など、シャッターチャンスを狙いたいと思いませんか?イラストも同じで、人物や場所の一瞬をその中にとどめることができればいいなと。

コンテンツが先か、デザインが先かは決まっていません。デザインから刺激を受けてコンテンツが広がることもあれば、コンテンツが変わることでデザインの選択肢が増えることもあります。両方の担当者のコラボレーションというか、よく言われる化学反応かも知れませんね。