2013年以来、お仕事を共にしているヴェクソンインターナショナル株式会社の兼久様と水口様に、弊社とのパートナーシップについて、担当の瀬尾と大江がお話を伺いました。

初めて、Mogicの山根さん・瀬尾さんにお会いしたのは、eラーニングラーノの導入の打ち合わせの時です。実は、私(兼久様)はそのときのメンバーではなかったのですが、当時のチームメンバーが、お二人のファーストインプレッションがすごくよかった、信頼できる方たちだ、お任せできると、皆が言っていたことを今でも思い出すほどです。

ラーノの導入にあたっては、弊社としては色々な無理を申し上げましたが、最高の対応をしていただいたと思っています。私たちが思い描いていたシステムを、そのまま作ってもらったと言っても過言ではありません。

私どものeラーニングのお客様は病院がメイン、それぞれ独自のセキュリティの高いシステムを持っていらっしゃいます。そのシステムとどのように共存するかという問題がありました。心配していたのですが、難なくクリアー、また最初の3か月ぐらいでしょうか、動画再生の不具合など小さなトラブルが発生しましたが、その対応にも困るということなどありませんでした。苦労話がどうも思い浮かびません。


Mogicとしても、できたばかりだったラーノというeラーニングシステムについて、御社仕様に開発させていただいたことが、システム全体の仕様向上や、カスタマイズ力を育てていくという開発姿勢にもつながっていったと思っております。初期にご依頼を受け、これまで続けていただいていること本当に感謝しています。